青山まさゆきの今を考える > 新着情報 > ポピュリズムの行く末

ポピュリズムの行く末

 ポピュリズムは熱狂を呼ぶ。選挙民受けを狙い,裏付けがなくとも無責任にシャウトできるのだから。だが,政権を担えばそうはいかない。

 現実主義に戻って失望を呼ぶか,ベネズエラのように国を破壊するかのどちらかだ。

 ギリシャでは,ポピュリズムの先駆けと言われ,前の選挙では勝ったチプラス政権が,就任当時の公約をほとんど達成出来ず,また国民からその「非現実的なバラマキ政策」政策に嫌気がさされて退陣の運び,と時事通信が報じた。つまり前者。しかし、後者よりもずっとマシの結論であった。